【豚肉とキャベツ、春雨炒め】モチモチ食感の春雨が主役

公開日: 更新日:

沙漠之月(東京・池袋)

 豚肉とキャベツ、長ネギの野菜炒めといえば、いわゆる町中華の定番で、ハズレのないメニューだが、英さんの野菜炒めは一味違う。黒酢や山椒、胡椒を合わせるだけで独特な味わいになるのだが、特徴はそれだけではない。圧倒的な存在感を放っているのが、春雨だ。

「張掖では、特産のジャガイモを原料にした春雨は、家庭料理には外せない食材です。辛い味の炒め物にもよく使いますよ」

 春雨といっても、日本の中華料理に出てくるものと違って、圧倒的に太い。しっかりとうま味を吸い込んだ春雨は立派な「主役級」。モチモチとした食感がクセになる。

 日本の春雨の原料には、サツマイモや緑豆が使われているものも多いが、「そこまで違和感はない」そうだ。むしろ、いろいろな春雨を試してみてもいいだろう。

 それにしても気になるのは、英さんがIH(電磁調理器)を使っていること。中華料理といえば、高火力に中華鍋という印象があるが……。

「高級なお店なら高火力に中華鍋でしょうけど、張掖の一般家庭では皆IHですよ。ゆっくり炒めればいいんです」

 誰でも本格中華にトライできそうだ。

《材料》
・豚ロース 50グラム
・春雨  50グラム
・キャベツ 適量
・長ネギ、ショウガ、ニンニク、黒酢、醤油、粉山椒、塩、胡椒 各少々

《作り方》
(1)千切りした豚ロースをショウガ、ニンニク、長ネギ、胡椒、粉山椒、塩、醤油、黒酢で下味をつける
(2)キャベツを千切りにする
(3)サラダ油を張った鍋で肉を炒める
(4)肉の色が変わったら、キャベツ、あらかじめ水で戻した春雨を入れ、炒めて出来上がり

▽英英(いん・いん)
 1975年、中国甘粛省張掖市出身。日本人男性と結婚後、97年に来日。2000年からは、中国に戻って甘粛省敦煌市でカフェを6年間経営。12年に東京・池袋で「沙漠之月」をオープンした。

▽沙漠之月
 JR池袋駅から徒歩約10分。駅東口の繁華街から離れた大通り沿いの雑居ビル3階に入居する同店は、カウンター5席とこぢんまりしている。日本では珍しい甘粛省料理を楽しめる。餃子に麺、肉や野菜とメニューは多彩。ビールに紹興酒、白酒、日本酒も用意している。流暢な日本語を操る英さんのトークは軽妙で、客の好みに合わせた料理を提供してくれる。知る人ぞ知る名店だ。

東京都豊島区東池袋2―63―15 3F
℡080・6634・9898
月~土=18時30分~22時30分LO/日祝休
(緊急事態宣言中は休業。お店に要確認)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る