髙橋裕樹
著者のコラム一覧
髙橋裕樹弁護士

「すべては依頼者の笑顔のために」がモットー。3000件を超す法律相談実績を持ち、相続や離婚といった身近な法律問題から刑事事件、企業法務まで何でもこなすオールマイティーな“戦う弁護士”。裁判員裁判4連続無罪の偉業を成し遂げた実績を持つ。アトム市川船橋法律事務所。

千葉飲酒トラック児童5人死傷事件では「新たな被害者」が生まれている

公開日: 更新日:

 またしても飲酒運転による重大事故が起きてしまいました。しかも被害者は帰宅中の小学生です。千葉県八街市で起きたトラック飲酒運転児童5人死傷事故については、加害者本人が刑事上・民事上の重い責任を負うだけでなく、トラックを運転させていた会社も民事上の重い責任を負う可能性があります。

 しかし、この会社に対する嫌がらせの電話やネット上での誹謗中傷が許されるわけではありません。ましてや何の関係もない会社に対するデマは絶対に許されません。

 事件当日から、「漢字1文字違い」で読み方が同じ会社に対して30件を超す嫌がらせの電話やデマ拡散があったようです。このような嫌がらせ電話やデマ拡散は、威力業務妨害罪、名誉毀損罪、脅迫罪などいろいろな犯罪に該当する可能性があります。

 過去にも同じような事件がありました。東名あおり運転死傷事故直後、被疑者の名字と同じ名字が社名に冠されていただけの会社に対して、「被疑者の勤務先だ」「社長が被疑者の父親だ」などというデマが広められ、その被害会社は2日間も営業停止せざるを得なくなったという事件がありました。被害会社がデマを流した人を特定して刑事告訴をしたことで結果的に6人が30万円の罰金刑を受けています。さらに、検察審査会を経て強制起訴された1人の加害者が自殺をするという展開にもなりました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    基地食堂でパンと納豆を取り過ぎ…空自40代幹部「10日間停職処分」に相次ぐ抗議の電話

    基地食堂でパンと納豆を取り過ぎ…空自40代幹部「10日間停職処分」に相次ぐ抗議の電話

  2. 2
    オリ山本由伸は球団新15連勝で投手5冠濃厚 米スカウトが気がかりな「やり投げ」投法の今後

    オリ山本由伸は球団新15連勝で投手5冠濃厚 米スカウトが気がかりな「やり投げ」投法の今後

  3. 3
    松山英樹のZOZO貫禄Vが“赤裸々”にしてしまった日米ツアー「驚きの格差」

    松山英樹のZOZO貫禄Vが“赤裸々”にしてしまった日米ツアー「驚きの格差」

  4. 4
    オリラジ藤森が一般女性と破局…田中みな実との“復縁”にネットでは俄然注目集まる

    オリラジ藤森が一般女性と破局…田中みな実との“復縁”にネットでは俄然注目集まる

  5. 5
    借金終戦の巨人で問われる桑田補佐の責任問題 持論と逆の“無茶ぶりローテ投壊”に知らん顔

    借金終戦の巨人で問われる桑田補佐の責任問題 持論と逆の“無茶ぶりローテ投壊”に知らん顔

もっと見る

  1. 6
    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 7
    日本ハムに知将名将はいらない!新庄剛志氏を新監督に仰天招聘、人気を重視した球団の計算

    日本ハムに知将名将はいらない!新庄剛志氏を新監督に仰天招聘、人気を重視した球団の計算

  3. 8
    小室圭さんが結婚相談所に登録したら? 婚活市場における価値を専門家が分析

    小室圭さんが結婚相談所に登録したら? 婚活市場における価値を専門家が分析

  4. 9
    阪神ひさびさV争いで証明…助っ人やFA補強に大金かけるバカバカしさ

    阪神ひさびさV争いで証明…助っ人やFA補強に大金かけるバカバカしさ

  5. 10
    “ホリエモン騒動”から1年、広島・尾道の餃子店は今…店主に聞いた

    “ホリエモン騒動”から1年、広島・尾道の餃子店は今…店主に聞いた