石塚集
著者のコラム一覧
石塚集

医学系編集プロダクション経営。医学ライター。東洋美術学校Webグラフィックデザイン/ユーザーエクスペリエンス(UX)講師。株式会社eumoでUIUX/PRを担当。新宿・ゴールデン街の入り口付近の店でバーテンダーもしている。

華原朋美「PLEASURE」作曲家の今 ギターが本業から副業になったワケ

公開日: 更新日:

渡邊かおりさん(42歳)本業=カフェバー経営/副業=ジャズギタリスト

 ギターが副業になったという渡邊かおりさんの本業は、奈良県吉野郡大淀町にあるカフェバー「Crosspot」のオーナー。渡邊さんはもともとプロの音楽家。高校を卒業後、大阪のヤマハ音楽院に入学。ヤマハ音楽院はSMAP浜崎あゆみ、KinKi Kidsらに曲を提供した作曲家らを輩出する名門。当時、ギタークラスは5人しか入れず倍率は数十倍だった。

「ヤマハ音楽院で、最初にギターを教わったのは竹田一彦さん(ジャズギタリスト)。『きらきら星』を授業で弾いてくださったときに、シンプルで簡単な曲なのに驚きました。自分の言葉で話していた。つまり、イメージした音をそのまま現実の音にしている。そんなことができるんだと。それから、大野こうじさん(ジャズギタリスト)にも指導をしていただき、10代後半から20代前半までは寝る、食べる、トイレ以外はギターと共にいる生活でした。特に、ビバップ(ジャズの一形態)が好きで、マイルス・デイビス、ハンク・ジョーンズ、ケニー・バレルらのフレーズを書き起こし、分析し、再現し続けました」

 当時、日本には女性ギタリストが少なく、渡邊さんの才能はすぐに音楽業界に広まった。

「業界の人から声をかけていただいて、アミューズという事務所に所属しました。女性ボーカリストと組んでメジャーデビューの予定もあったのですが、それはいろいろあって進まず、事務所に所属しながら、レッスンでギターを教えたり、作曲の仕事を頂くようになりました」

 レッスンにはデビュー前のPerfumeも来ていたそうだ。そして渡邊さんが25歳の時に書いた曲が「クレヨンしんちゃん」の主題歌に抜擢され、「PLEASURE」というタイトルで華原朋美さんが歌うことになる。

 外からは成功に見えるキャリアだが。

「28歳まで東京にいたんですけど、何をやっていても女性ギタリストとしてしか見られないところ、休みなく好きな音楽と向き合い続けなきゃいけないところなど、気持ちがパンパンになっちゃって、仕事が一段落した時期に故郷の奈良に戻ろうと決意しました」

 実家に戻っても布団から出られない日々が続いたという。

「おかげでたばこをやめることができましたけど(笑い)。半年経ったぐらいで気持ちが切り替わり、人生を仕切り直そうと地元の酒屋さんで働くことにしたんです。音楽じゃない生き方ってどんなんだろう。興味津々で人間観察をしていました」

新しい音楽との付き合い方

 渡邊さんは普通に生活をする喜びを知り、酒屋の事務として7年間勤め上げて結婚。夫の実家である薬局の隣にカフェバーをオープンした。

「音楽と距離をとり、普通に生活することで人として成長できた気がします。長い間ギターを触らなかったけど、音を感情や意味として少し理解できるようになりました。自分の言葉で話せるという意味です。そうなると、また音楽をやってもいいかなと思えるようになって。師匠の竹田さん、大野さんの演奏も引き継ぎたいですし。今度は音楽は副業ですね」

 渡邊さんは、お店でもライブができるように改装、地元奈良の音楽イベント「吉野♪音♪街道」などへの出演を受けるようになった。

 ギタリストとしての収入を聞いた。

「新しい音楽との付き合い方をし始めてからは、好きな人と好きな場所で弾いているだけ。1回の出演料は数千円から数万円程度で、お小遣い程度ですよ。ギターは昔より今の方が楽しいです。昔の音源を聴くと、下手だったんだと思いますね。苦しんでもがいているような音がします。これからは、もっともっと音楽が好きになりそうです」

 好きなコトとの距離感を考えさせられる取材だった。いろいろな経験を経た渡邊さんのギターをぜひ聴いてほしい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

    小室眞子さんがビザ失効で一時帰国? その程度のことで元皇族が左右されることはない

  2. 2
    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

    広末涼子“ヒモ報道”があった夫を「尊敬している」 私生活さらけ出し同世代に広がる共感

  3. 3
    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

    ブーイング相次ぐNHK朝ドラ「ちむどんどん」にも楽しみ方はある

  4. 4
    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

    焦るロシア軍が投入した最新兵器「ターミネーター」は切り札か? 装備強力も実力は未知数

  5. 5
    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

    表敬訪問したウクライナ歌手カーロリさんは超セクシー系! 岸田首相は知っていた?

もっと見る

  1. 6
    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

    いしだ壱成が月9出演に意気込み…演技の才能あれど制作側が及び腰なワケ

  2. 7
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  3. 8
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  4. 9
    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

    2歳児がスマホでチーズバーガーを31個も注文! ママの困惑に全米バカ受け

  5. 10
    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮

    1.8mのワニが校舎の前に! 1人で捕獲した警察官にフロリダ州の小学校は大興奮