ゴキブリの背中に「モナリザ」など名画を描いて…比アーティストに賛否両論

公開日: 更新日:

 フィリピンの女性アーティストがゴキブリの背中に名画や映画のキャラクターを描き、賛否両論を巻き起こしている。

 マニラ在住のブレンダ・デルガノさん(写真)で、昨年夏にアトリエを掃除していた時、大きなゴキブリの死骸を発見した。ほうきで掃いて捨てようとしたが、ゴキブリの羽が極めて滑らかで、光沢があることに気がついた。

 そして「これに絵を描いたらどうなるだろう?」とひらめいた。

 早速、ダ・ビンチの「モナリザ」、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、ゴッホの「糸杉と星の見える道」などの名画をゴキブリの背中に描いて、フェイスブックやインスタグラムに投稿。

 最近では映画「スパイダーマン」シリースに登場するキャラクターを描いた連作を発表している。

 こうしたブレンダさんの活動はSNSで拡散して、フィリピンはもとより米国のメディアにも取り上げられている。

 反応はさまざまだ。ブレンダさんのユニークなアプローチを「オリジナルだ」と称賛する声がある一方、動物虐待なんて批判も出ている。

 ブレンダさんは、キャンバスに適当なゴキブリの死骸を見つけたら、作品を制作しているだけで、「キャンバス」を手に入れるためにゴキブリを殺しているわけではない。が、こんなコメントが寄せられている。

「とにかく残酷な感じがするの。病院で死にかけている時に、ボディーペイントしようと誰かが近づいてきたら嫌でしょう?」

「ゴキブリが死んでいるならそのままにしておきなよ。とにかくひどくて残酷だよ。このアーティストには共感が欠けている」

 天国のダ・ビンチやフェルメールは、このユニークでグロなオマージュにどんな感想を漏らすか……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

    松井市長が呼びかけた「大阪雨がっぱ」36万着…あれから2年弱でどうなった?

  3. 3
    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

    麒麟・川島のTBS「ラヴィット!」が支持され始めたワケ バラエティー路線の徹底が吉

  4. 4
    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

    元妻・神田沙也加さんの愛犬引き取り慈しむ村田充 ネット上に「みつさん、ありがとう」の声溢れる

  5. 5
    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

    日ハムは新庄監督主導で地獄のキャンプに コーチ陣「結果出なきゃ1年でクビ」で戦々恐々

もっと見る

  1. 6
    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

    10歳の沙也加さんの前で母・聖子は仏頂面…神田正輝との“愛情格差”をベテラン記者は見た

  2. 7
    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

    東出昌大に「コンフィデンスマンJP」続編降板説…“英雄編”PRに姿なく質問NGで憶測飛ぶ

  3. 8
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 9
    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

    2022年冬ドラマはコレを見る! オススメの3本を早出し

  5. 10
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”