「マイナ保険証」最大2万円のポイント加算でアクセス殺到 アメの代償で生まれる永遠の負担増

公開日: 更新日:

 マイナンバーカードのポイントプログラム「マイナポイント」が、新たなキャンペーンを始めている。最大2万円分がもらえる「マイナポイント第2弾」がそれで、6月30日にスタートした。その肝が、マイナンバーカードに健康保険証と銀行口座を紐づけることだが、特に保険証との紐づけには要注意だという。

 ◇  ◇  ◇

 ちょっとした登録をするだけで、最大2万円分のポイントがもらえるとは、かなりの大盤振る舞い。家族4人なら、何と8万円分だ。物価高のあおりで家計が苦しいこのご時世、ありがたいキャンペーンといえる。

 総務省によると、初日の先月30日は、専用サイトなどへのアクセスが、2064万件に上ったという。反響の大きさが見て取れる。

 では、ポイントを受け取るには、どうするか。この点からおさらいしよう。

 まずマイナンバーは、赤ちゃんから高齢者まで全国民一人一人に割り当てられる12ケタの番号で、マイナンバーカードはそれを証明するもの。ポイントの受け取りにはまずマイナンバーカードが必要だ。ない人は、自治体に手続きして、カードを用意しよう。

 カードを取得すると5000円分のポイントがもらえ、併せてマイナンバーカードと健康保険証との紐づけで7500円分、コロナ禍で重宝した給付金など公金を受け取る銀行口座との紐づけで7500円分が加算される。合計すると、最大2万円分だ。

 それでは、マイナポイントは何かというと、クレジットカード、SuicaやWAONなどの電子マネー、PayPayや楽天ペイなどのQRコードといったキャッシュレス決済から1つを選ぶ。そのキャッシュレス決済のポイントとしてもらえるのが、マイナポイントだ。

 具体的な手続きはスマホがあれば、自分のスマホに「マイナポイント」のアプリをダウンロードし、アプリにマイナンバーカード取得時に設定した暗証番号を入力してから、マイナンバーカードを読み取る。後は手順に沿って、各項目を入力すればいい。

 パソコンでもできる。ただし、カードを読み取るためのカードリーダーが必要だ。自分で手続きするなら、スマホが便利だ。

 スマホもパソコンもなければ、総務省が設置した「マイナポイント手続きスポット」で申し込むことになる。自治体の窓口や郵便局、セブン-イレブンやローソンなどコンビニの店舗、NTTドコモやソフトバンクなど携帯の販売店などで、全国に約6万8000カ所あるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず