三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

旧統一教会問題で反応が鈍い自民党 日本人の「忘れっぽさ」に期待しているのか

公開日: 更新日:

 日刊ゲンダイ(3日付)によると、自民党の「統一教会『濃厚接触』議員」は32人に上る。二之湯国家公安委員長、安倍元総理の実弟の岸防衛相、末松文科相、細田衆院議長らで、日本維新の会も13人の議員について教団との接点を認めた。

 私も以前、自民党のほとんどの議員事務所に無給で滅私奉公する教団派遣の人員がいた、と某首相経験者から聞いたことがある。秘書が全員、教団から派遣されている人もいた。

 始まりは教祖・文鮮明氏と岸信介元総理との交流だ。岸氏は文氏の盟友として、教団の関連団体「国際勝共連合」の設立を支えたという。“勝共”は「共産主義に打ち勝つ」の意で、50年代、60年代のソ連が脅威だった時代に強い警戒感から設立された。

 文氏に人を引きつけるカリスマ性があったのは確かなのだろう。北朝鮮の故・金日成氏とも親交があったらしい。

 岸氏との縁は娘婿の安倍晋太郎氏、孫の晋三氏と岸信夫氏が継承した。その間、福田(赳夫)から森、小泉、安倍、福田(康夫)まで歴代5人の総理を出した与党の最大派閥が、あまたのトラブルを起こしてきた宗教団体と関わっていたのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか