記者は見た!ネズミ対策先進都市の東京千代田区で体長20cmの巨大ドブネズミを捕獲

公開日: 更新日:

「千代田区は先進的なネズミ対策を行っている」。昨年末、新宿区のネズミ対策を取材した記者が駆除業界関係者からよく耳にした言葉だ。

 千代田区は、2023年から3年かけてネズミ対策を行っていくことを発表。毎年約1600万円の予算を計上し、全国に先駆けて長期的な対策を講じている。また、今年1月には、ネズミが嫌うハーブの香りが練り込まれたゴミ袋を一部地域で実証実験するなど、ユニークな取り組みも行っている。

■苦情が急増チュー!

 ところが、同区に寄せられた苦情件数は、22年の203件から、23年には402件と急増チュー。

 先進的な対策が進んでいる一方で、なぜか苦情の声も大きくなっているのだ。ネズミ対策の最前線で何が起きているのか。捕獲調査現場に同行した。

 5月×日午後3時30分。集合場所は千代田区某所の繁華街のコインパーキング。待っていると白い車体に「株式会社シー・アイ・シー」と、社名のロゴが入ったバンが到着した。区からの委託でネズミ対策事業を行う有害生物駆除業者だ。

 今回の目的は、生息状況調査。飲食店の近辺を中心に苦情が多数寄せられていたため、今年1~3月に一斉駆除を実施した。3カ月経過した今、その効果を検証するために今回の調査が行われたのだ。ドブネズミは夜行性であるため、前日の夕方に仕掛けを設置して翌日昼に回収する。

 前日に設置した仕掛けのポイントが記されているマップを見せてもらうと、赤いシールでびっしりと埋め尽くされており、仰天。それもそのはず、約300メートル四方の区画に仕掛けを50個も設置していたのだ。

 飲食店のゴミ捨て場付近や、低木の街路樹の下などから一つ一つ仕掛けを回収していくが、どれも空。肩幅ほどもない住宅と住宅の狭い隙間の奥に男性作業員が入っていく様子を見ながら、ネズミ対策の苦労に思いを馳せていると、戻ってきた手に握られた籠がガシャガシャ揺れている!

 いた! 体長約20センチのおとなのドブネズミだ。ネズミというより、サイズは子猫ほどもあろうか。「出してくれ!」と叫ぶ囚人のように、籠の鉄格子から鼻先を出して、チューチューと悲しげに鳴いていた。一見、ネズミがいそうもない奇麗な住宅の裏も活動範囲となっていたのだ……。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変