「人類は乱交で進化」 世界で話題“学術本”のスゴイ中身

公開日:  更新日:

「セックス時、なぜ女性は大声を出すのか」「男性がなぜ“寝取られ”に興奮するのか」――。
 人に聞けない疑問が解消されそうだ。

 1948年、53年に出された性生活の調査書「キンゼイ・リポート」以来、米国に大論争を起こした「性の進化論」(作品社)が20日、日本上陸。その衝撃的な中身に世界21カ国で話題沸騰中だ。著者で、調査心理博士のクリストファー・ライアン氏と、精神科医のカシルダ・ジェタ氏によれば、どうやら人類は「乱交」によって進化してきたというのだ。

 現生人類と同様の特徴を持つ人類が出現したのが20万年前。農耕社会になったのは1万年前で、それ以前の19万年の歴史で、<われわれの祖先は小集団で暮らしていて、そこではほとんどの成人が、いつでも任意に、複数の性的関係を同時進行で持っていたと思われる>。つまり、“乱婚集団”だった可能性があるという。浮気や複数人プレー願望も“異常”ではないんだとか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る