ウソの証言で3年半服役 甘い捜査が生んだ「レイプ冤罪事件」

公開日:  更新日:

 大阪の“レイプ冤罪事件”には背筋が凍る。

 強姦と強制わいせつの罪で懲役12年の実刑判決が確定し、3年半も服役していた男性が18日に釈放された。有罪の決め手となった“被害女性”と目撃者の証言がウソと判明。科学捜査が進んだ現代でも、証言だけでレイプ犯に仕立て上げられる可能性があるわけだ。今後再審が開始され、男性には無罪が言い渡される見通しというが、まさに後の祭りだろう。

 大阪地検によると、男性は04年11月と08年4月に、大阪市内で同じ女性を暴行し、さらに同7月にこの女性の胸をつかんだとして、強姦と強制わいせつ容疑で逮捕、起訴された。11年に懲役12年が確定したが、男性は捜査段階から一貫して容疑を否認。今年9月、男性の弁護人が大阪地裁に再審請求を申し立てた。

■第三者の目撃証言が決め手

「請求を受けて地検が女性と目撃者を聴取し、ウソがバレた。地検は男性の要望やプライバシーを盾に、2人の関係や、なぜウソの証言をしたかなど、詳細について明らかにしようとしません」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る