• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

平塚市教委職員が逮捕 「埼京線」は今も痴漢電車なのか?

 元AV女優で脚本家の神田つばきさんが言う。
「実はそれ以来、埼京線での痴漢行為は減ったのです。以前はハプバーの女性客が2人連れで埼京線に乗り、痴漢される行為を楽しんでいましたが、最近は触ってもらえないので、乗る女性も減りました」

■女装して触る手口も…

 では埼京線の痴漢は全滅したのかというと、そうではないらしい。

「彼らは捕まらない方法で痴漢を楽しんでいます」とは風俗ライターの蛯名泰造氏だ。

「そのひとつが『ライト痴漢』。出入り口付近に立ち、女性が降りるときに背後から尻や太もも、股間を触る。手のひらで肉体の感触を楽しみますが、女性は“偶然触れただけ”と好意的に受け止めてくれるのです。仮に女性が気付いても、痴漢は車内にとどまっているから、ドアが閉まったら逃げおおせられる。午前中だけで10人にタッチするエロ男もいます。女装して触る手口もあり、万一捕まったら、<私はオネエ。女性に興味はない>と言い訳する。若い不美人ばかり触る手口もある。おデブやブスはまさか自分を触らないだろうと思っている人も多く、<痴漢!>と叫んでも、<勘違いだろ>と周囲に笑われるのがオチと考え、大声を出さないケースが多い」

 痴漢の火は消えず…。困ったものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  4. 4

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  7. 7

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  8. 8

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  9. 9

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る