「超オス」養殖化に成功 トラフグ白子が庶民価格になる日

公開日: 更新日:

 フグの中でもトラフグは高級だ。特に白子を持つオスは、メスより珍重される。都内の卸業者は「最近はオス不足で、白子の相場は、養殖で通常の3倍のキロ単価2万円。天然だと通常の2倍の2万4000円ほど。白子を料理屋で食べたら、確実に1万円だね」という。
 そんな庶民の高根の花が安く食べられるようになりそうだ。長崎県総合水産試験場が東京海洋大などと共同で、オスだけを産む養殖技術を開発したのだ。

 浜崎将臣主任研究員が言う。
「トラフグには、XとYの染色体があり、XXはメス、Yがひとつでもあるとオスになります。そこで、トラフグのオスの精巣からXとYの染色体を持つ精原細胞を取り出して、メスに移植。これにオスを掛け合わせると、理論上、4分の1の確率で、YYの染色体を持つオスが生まれます。YYはなぜか自然界にはない組み合わせですが、これを『超オス』と名付け、超オスなら、どのタイプのメスと交配しても、稚魚は必ずオスになると考えたのです。09年の研究スタートから6年、狙い通りの成果が得られました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  2. 2

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  5. 5

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    渋野日向子「異質の人間力」が女子ツアーをガラリと変えた

  8. 8

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  9. 9

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  10. 10

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る