「超オス」養殖化に成功 トラフグ白子が庶民価格になる日

公開日: 更新日:

 フグの中でもトラフグは高級だ。特に白子を持つオスは、メスより珍重される。都内の卸業者は「最近はオス不足で、白子の相場は、養殖で通常の3倍のキロ単価2万円。天然だと通常の2倍の2万4000円ほど。白子を料理屋で食べたら、確実に1万円だね」という。
 そんな庶民の高根の花が安く食べられるようになりそうだ。長崎県総合水産試験場が東京海洋大などと共同で、オスだけを産む養殖技術を開発したのだ。

 浜崎将臣主任研究員が言う。
「トラフグには、XとYの染色体があり、XXはメス、Yがひとつでもあるとオスになります。そこで、トラフグのオスの精巣からXとYの染色体を持つ精原細胞を取り出して、メスに移植。これにオスを掛け合わせると、理論上、4分の1の確率で、YYの染色体を持つオスが生まれます。YYはなぜか自然界にはない組み合わせですが、これを『超オス』と名付け、超オスなら、どのタイプのメスと交配しても、稚魚は必ずオスになると考えたのです。09年の研究スタートから6年、狙い通りの成果が得られました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    政府肝入り「新幹線輸出」が頓挫…台湾が新車両購入を拒否

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る