値上げ続々 “地獄の新年度”家計負担の驚愕シミュレーション

公開日: 更新日:

 4月1日から庶民の家計が一段と厳しくなった。軽自動車税は5割増しになり、食料品は値上げラッシュ。国民年金保険料など社会保障費も続々と引き上げられ、逆に子育て給付は7割もカットされる。この先、負担は一体どれだけ増えるのか――。

 今月、カゴメが約25年ぶりにケチャップの値上げに踏み切ったが、来月はカレールーの値上げが控えている。生活必需品の値上げはまだまだ続くと覚悟しておいた方がいい。

 また今月から、年金額の伸びを物価や賃金の伸びより抑える「マクロ経済スライド」も発動された。いわば“年金自動カット装置”だ。6月に支給される4月分から、国民年金を満額受け取っている人は月約600円減らされる。厚生年金(67歳以下の夫婦の標準的なケース)も月約2000円の圧縮だ。恐ろしいのは、これから毎年、削減され続けることだ。30年後には国民年金は3割、厚生年金は2割も減ってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  7. 7

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る