値上げ続々 “地獄の新年度”家計負担の驚愕シミュレーション

公開日:  更新日:

 4月1日から庶民の家計が一段と厳しくなった。軽自動車税は5割増しになり、食料品は値上げラッシュ。国民年金保険料など社会保障費も続々と引き上げられ、逆に子育て給付は7割もカットされる。この先、負担は一体どれだけ増えるのか――。

 今月、カゴメが約25年ぶりにケチャップの値上げに踏み切ったが、来月はカレールーの値上げが控えている。生活必需品の値上げはまだまだ続くと覚悟しておいた方がいい。

 また今月から、年金額の伸びを物価や賃金の伸びより抑える「マクロ経済スライド」も発動された。いわば“年金自動カット装置”だ。6月に支給される4月分から、国民年金を満額受け取っている人は月約600円減らされる。厚生年金(67歳以下の夫婦の標準的なケース)も月約2000円の圧縮だ。恐ろしいのは、これから毎年、削減され続けることだ。30年後には国民年金は3割、厚生年金は2割も減ってしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る