不倫サイト「情報流出」に怯える日本人会員180万人の“性癖”

公開日:  更新日:

“火遊び”の代償は、高くつきそうだ。世界的な不倫サイト「アシュレイ・マディソン」がハッキングされた事件で、ハッカー集団「インパクト・チーム」は、3800万人に上る全会員の情報を公開。その中には、日本人会員180万人が含まれている。

 インパクト・チームは7月にデータをハッキングし、サイトの閉鎖を求めていたが、無視されたため、嫌がらせで暴露したとみられる。暴露ファイルを分析した欧米の調査会社によると、データは本物というから大変だ。ITジャーナリスト・井上トシユキ氏が言う。

「公開データは、会員の氏名、クレジットカード番号、メールアドレスのほか、異性の好みなどです。すでにあちこちに拡散しているため、削除はほぼ不可能。海外の報道によると、特に政府の要人や軍人などVIPのデータが“狙い撃ち”されていますが、一般の人もただでは済みません。カードデータが第三者に渡って、見覚えのない高額の請求書が届くかもしれないし、何より性癖がバレる恐れもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る