都の規則条例も効果なし? JKビジネスに“ドーナツ化現象”

公開日:

 女子高生らに接客させるJKビジネス店は、全国に114店(6月末時点)。警察庁が初めて実施した実態調査で明らかになった。そのうち東京が78店と約7割を占め、大阪の28店を合わせると9割超。JKに添い寝やマッサージをしてもらう「リフレ」が81店と最も多かった。

 添い寝といっても、そこから「裏オプション」と呼ばれる性的サービスが行われるなど犯罪の温床になっていることは、ご存じの通りだ。

「怖いのは、ごく普通の家庭で育った女子高生が深みにはまることです。警視庁の昨年の実態調査によると、性的サービスを行っていた女子高生の7割が家庭に満足しており、9割ほどがちゃんと親のしつけを受けていたと答えています。アルバイト感覚で始めたつもりがエスカレートして……というわけです」(捜査関係者)

 行政も手をこまぬいているわけではなくて、東京都では7月、全国初のJKビジネス規制条例を施行。18歳未満の雇用禁止や、営業する際の届け出の義務化など、規制を強化した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る