「稼げるから」と母親も公認 女子高生“援交JK”の深い闇

公開日:

「夜になると家族がケンカばかり。お兄ちゃんが大学を出てずっと働いていなくて、そのことで荒れてる。居場所がないから、夜は外に出るようになった」

 そう話したのは、都内の私立高2年の女子。夜な夜な友達と遊ぶために金が必要となり、援助交際に手を出した。援交JKだ。

「ツイッターで簡単に相手を募集できる。『今新宿でヒマな人いる?』って打ったり、あとはハッシュタグ使って『#円』『#援』『#プチ(本番ナシのプチ援交の意味)』とか打っておけばすぐ釣れる。みんなやってるからいいかなと思って。でもウチ、本番はナシだから、そんなに高くないよ」

 それでも「頑張れば月数十万は稼げる」というから、17歳にしたら大金だ。そんなことを半年繰り返しているうちに、先日、サイバー補導されることになった。

「援交相手との約束の場所に行ったら警察で、そのまま連れて行かれた。ウチ、親も援交のこと知ってるんだけど、迎えにきた母親は初めて知りましたって演技して、私を叱って。その帰りに『稼げるんだからいいじゃんね』って笑ってた。間違ってるって思うけど、親も援交のこと怒らないし、もうやめるキッカケもないから、またやるんじゃないかな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る