エスカレートする喫煙規制<下>

公開日: 更新日:

 受動喫煙問題の舞台は再び東京に戻ってきた。今月20日、小池百合子都知事が「従業員を雇っている飲食店は、面積にかかわらず原則禁煙とする」ことなどを盛り込んだ受動喫煙防止条例の骨子案を発表したのだ。国の法案よりも極めて厳しく、都内飲食店の84%が規制対象となる。

 小池知事は「人に着目した都独自の新しいルール」と得意がって、業績づくりに走っているが、規制を受ける側はたまらない。国の法案では個人経営か資本金5000万円以下で客席面積100平方メートル以下の既存業者は、喫煙や分煙の表示をすれば喫煙は可能だったのが、都条例では従業員がいれば喫煙室を設置しなければ禁煙となる。国の法律が認めているのに、自治体の条例がダメだという奇妙な現象が起きてしまうのだ。

 24日、都生活衛生同業組合連合会など4団体が都庁を訪れた。「喫煙、分煙、禁煙の店舗を自由に選択できる多様な社会を求める」「慎重な検討を」といった要望を求めて集めた18万1982筆の署名を小池知事に手渡し、改めて「慎重な検討を」と主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  3. 3

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  4. 4

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  5. 5

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  6. 6

    大谷が驚異のパワー増でMLB「抜き打ち検査」の標的に…!

  7. 7

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    東京五輪へ“Wパンチ” 変異株と季節性流行が7~8月にピーク

  10. 10

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

もっと見る