エスカレートする喫煙規制<下>

公開日:

 受動喫煙問題の舞台は再び東京に戻ってきた。今月20日、小池百合子都知事が「従業員を雇っている飲食店は、面積にかかわらず原則禁煙とする」ことなどを盛り込んだ受動喫煙防止条例の骨子案を発表したのだ。国の法案よりも極めて厳しく、都内飲食店の84%が規制対象となる。

 小池知事は「人に着目した都独自の新しいルール」と得意がって、業績づくりに走っているが、規制を受ける側はたまらない。国の法案では個人経営か資本金5000万円以下で客席面積100平方メートル以下の既存業者は、喫煙や分煙の表示をすれば喫煙は可能だったのが、都条例では従業員がいれば喫煙室を設置しなければ禁煙となる。国の法律が認めているのに、自治体の条例がダメだという奇妙な現象が起きてしまうのだ。

 24日、都生活衛生同業組合連合会など4団体が都庁を訪れた。「喫煙、分煙、禁煙の店舗を自由に選択できる多様な社会を求める」「慎重な検討を」といった要望を求めて集めた18万1982筆の署名を小池知事に手渡し、改めて「慎重な検討を」と主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  8. 8

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  9. 9

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る