植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

写真を“盛り過ぎ”で…お見合い会場で見つけてもらえない

公開日: 更新日:

 結婚は、婚活を始めればすぐにできるというものでもありません。複数の結婚相談所でお見合いを続け、すでに10年以上なんて人もいます。彼らは“婚活渡り鳥”と呼ばれますが、私の知っているケースでは、活動歴20年で600万円を使った方がいましたね。

 以前もお話ししましたが、結婚情報サービスと結婚相談所は違いますし、規模や対応も異なります。知名度や安さで決めても、自分に合わなかったら結果は出ません。会員さんにやめられたくないから、相談所側は「そのうち出会えますよ」となだめる。そうこうしているうちに、時間は過ぎていきます。

 数年前、婚活歴10年以上という40代会社員の男性が訪ねてきました。彼は、女性との交際経験はゼロでした。それどころか、ここ数年は、お見合いすら成立しなかった。会場に行っても、待ち合わせた女性と会えないというのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る