植草美幸
著者のコラム一覧
植草美幸

 2009年から結婚相談所マリーミーをスタート。成婚率は80%と非常に高く、2日に1組を結婚に導いている。テレビやラジオなどの出演も多数。4月21日には、最新著書「男の婚活は会話が8割」(青春出版社)を発売予定。

「マッチングサイト」で最も多いのが堕胎トラブル

公開日:

 マッチングサイトを使った出会いで、詐欺に遭ったり、不動産投資をさせられたという相談がよくあります。さすがに、殺人事件に発展すれば社会の目に触れますが、最も多い被害は、妊娠↓堕胎です。

 妊娠させておきながら認知しないどころか、行方をくらましてしまうのです。そのため、女性は産めなくておろしてしまう。こんなケースがかなりの数あるようです。女性も恥ずかしいから言わずに表に出ない。「またか」というくらい、相談に来る女性がいますよ。

 相手が既婚者で、認知していないのに産んでしまって、「結婚してくれなかった」と途方に暮れる女性もいます。

 それでも、マッチングサイトは「自己責任」と明記しているので、責任を取ってくれません。危険ですね。

 最近は、登録者同士が今どこにいるかが分かるアプリがあります。ここまでくると、男性からすれば、風俗みたいな感覚ではないでしょうか。好きなとき、近くにいる女性とコンタクトが取れるのですからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る