草食日本男子 マスターベーション初体験が世界一早いなぜ

公開日: 更新日:

 日本人のマスターベーション初体験年齢は14.6歳で、世界18カ国中1位――。これはTENGAの「マスターベーション世界調査」(18~74歳の男女対象)の結果で、2位は米国の15.2歳、最下位はケニアの18.4歳だった。国内で見ると九州は最も早く13.3歳、関西が15.1歳で最も遅いという。

 一方で、マスターベーションに関する性教育を教わった経験は、日本人はロシアと並んで世界最下位だった。“知識”はないし、そもそも最近の若者は草食系と呼ばれている。それがなぜ1位なのか。男女問題に詳しい作家の加藤文果氏がこう言う。

「10代、20代の若い男女に取材すると、性に興味がないわけではありません。関係を築くのが面倒だったり、傷つくのが怖いから、恋愛は積極的にしない。30代の童貞や処女の割合が増えていると話題になるくらいですからね。彼らの肉体的欲求は2次元で自己完結している。しかも、それを悲観的にとらえるのでなく、『これが楽でいい』と満足をしているわけです。アニメ大国の日本は、そのためのツールも発達していますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る