TENGAの広報も困っていた…猥談好き女子への誤解と勘違い

公開日:

 こう暑いと、ビアガーデンよりビアホールが気持ちいい。そんな酒の席でジョッキが進むにつれて、酔いも手伝って下ネタトーク全開。くだらない話にニコニコと相づちを打ったり、話に乗ってきたりする女性を見て、男性がぽつり。

「じゃあ一度オレと……」とベッドインをオファーしたり、「おっぱいのサイズ教えて」と堂々のセクハラ発言をぶつけたり。一部の男性にありがちだろう。その根底にあるのが、「猥談(わいだん)好きの女性なら、誰とでも寝るはず」という勘違い。その女性が性に関する仕事をしているとなると、より勘違いが強まるかもしれない。この記事を呼んでいるアナタ、そう思っていないだろうか。

 オナホール大手「TENGA」で広報として活躍する工藤まおりさんが言う。

「猥談が好きだったり、下ネタに抵抗がなかったり、性に関わる仕事をしたりしているからといって、その女性が世の男性すべてに対して“門戸”を開いているわけではありません。そう勘違いする男性、とても多いんですよ。だってそうでしょう。そういう女性も、普通の女性と同じように相手を選びますから。私も広報として活動していると、『胸触らせて』『オカズにしてます』『お金払うのでヤラせて』などと言われることが多くて……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る