TENGAの広報も困っていた…猥談好き女子への誤解と勘違い

公開日:

 こう暑いと、ビアガーデンよりビアホールが気持ちいい。そんな酒の席でジョッキが進むにつれて、酔いも手伝って下ネタトーク全開。くだらない話にニコニコと相づちを打ったり、話に乗ってきたりする女性を見て、男性がぽつり。

「じゃあ一度オレと……」とベッドインをオファーしたり、「おっぱいのサイズ教えて」と堂々のセクハラ発言をぶつけたり。一部の男性にありがちだろう。その根底にあるのが、「猥談(わいだん)好きの女性なら、誰とでも寝るはず」という勘違い。その女性が性に関する仕事をしているとなると、より勘違いが強まるかもしれない。この記事を呼んでいるアナタ、そう思っていないだろうか。

 オナホール大手「TENGA」で広報として活躍する工藤まおりさんが言う。

「猥談が好きだったり、下ネタに抵抗がなかったり、性に関わる仕事をしたりしているからといって、その女性が世の男性すべてに対して“門戸”を開いているわけではありません。そう勘違いする男性、とても多いんですよ。だってそうでしょう。そういう女性も、普通の女性と同じように相手を選びますから。私も広報として活動していると、『胸触らせて』『オカズにしてます』『お金払うのでヤラせて』などと言われることが多くて……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る