TENGAの広報も困っていた…猥談好き女子への誤解と勘違い

公開日: 更新日:

 こう暑いと、ビアガーデンよりビアホールが気持ちいい。そんな酒の席でジョッキが進むにつれて、酔いも手伝って下ネタトーク全開。くだらない話にニコニコと相づちを打ったり、話に乗ってきたりする女性を見て、男性がぽつり。

「じゃあ一度オレと……」とベッドインをオファーしたり、「おっぱいのサイズ教えて」と堂々のセクハラ発言をぶつけたり。一部の男性にありがちだろう。その根底にあるのが、「猥談(わいだん)好きの女性なら、誰とでも寝るはず」という勘違い。その女性が性に関する仕事をしているとなると、より勘違いが強まるかもしれない。この記事を呼んでいるアナタ、そう思っていないだろうか。

 オナホール大手「TENGA」で広報として活躍する工藤まおりさんが言う。

「猥談が好きだったり、下ネタに抵抗がなかったり、性に関わる仕事をしたりしているからといって、その女性が世の男性すべてに対して“門戸”を開いているわけではありません。そう勘違いする男性、とても多いんですよ。だってそうでしょう。そういう女性も、普通の女性と同じように相手を選びますから。私も広報として活動していると、『胸触らせて』『オカズにしてます』『お金払うのでヤラせて』などと言われることが多くて……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  2. 2

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  3. 3

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  4. 4

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  5. 5

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  6. 6

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  7. 7

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る