TENGAの広報も困っていた…猥談好き女子への誤解と勘違い

公開日: 更新日:

 こう暑いと、ビアガーデンよりビアホールが気持ちいい。そんな酒の席でジョッキが進むにつれて、酔いも手伝って下ネタトーク全開。くだらない話にニコニコと相づちを打ったり、話に乗ってきたりする女性を見て、男性がぽつり。

「じゃあ一度オレと……」とベッドインをオファーしたり、「おっぱいのサイズ教えて」と堂々のセクハラ発言をぶつけたり。一部の男性にありがちだろう。その根底にあるのが、「猥談(わいだん)好きの女性なら、誰とでも寝るはず」という勘違い。その女性が性に関する仕事をしているとなると、より勘違いが強まるかもしれない。この記事を呼んでいるアナタ、そう思っていないだろうか。

 オナホール大手「TENGA」で広報として活躍する工藤まおりさんが言う。

「猥談が好きだったり、下ネタに抵抗がなかったり、性に関わる仕事をしたりしているからといって、その女性が世の男性すべてに対して“門戸”を開いているわけではありません。そう勘違いする男性、とても多いんですよ。だってそうでしょう。そういう女性も、普通の女性と同じように相手を選びますから。私も広報として活動していると、『胸触らせて』『オカズにしてます』『お金払うのでヤラせて』などと言われることが多くて……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  4. 4

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  7. 7

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  8. 8

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  9. 9

    川口春奈“本格女優”は茨の道 NHK大河のご祝儀も期限切れ?

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る