全国に飛び火する喫煙二重規制<下>

公開日: 更新日:

 こうした検討委員会の議論を、飲食店関係者はどうみているのだろうか。飲食店経営者で兵庫県飲食業生活衛生同業組合の入江眞弘理事長はこう言う。

「まず、委員会の構成が偏りすぎていて、ニュートラルな議論ができない。私が言いたいのは、見直すにしても国の健康増進法改正と乖離しない内容にしていただきたいということです。国が飲食店の規制について100平方メートルを基準にしたのは神奈川や兵庫の条例を評価したからでしょう。そこを重んじてほしいですね。飲食業をひとくくりにした全面禁煙みたいな乱暴な見直しは論外。店の環境や自主性にも配慮してほしいですね」

 大阪と神戸は電車で30分ほどの近距離。ともに外国人観光客に人気の土地である。国の法律と大阪、兵庫の条例の内容が異なったら、混乱は必至。受動喫煙防止対策は政治家の実績作りでも、行政のメンツでもない。いたずらに規制強化に走るのではなく、国の法律との整合性、分かりやすさを第一に考えるべきではないだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る