シェリー めぐみ
著者のコラム一覧
シェリー めぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

米最高裁判事候補レイプ疑惑 公聴会が招いた意外な展開

公開日: 更新日:

「#Me Too」によって有力者のセクハラが明らかになるアメリカで、新たに取りざたされたのが最高裁判事候補のレイプ未遂疑惑です。

 パロアルト大学で教壇に立つ心理学者のクリスティン・フォードさんは、36年前の15歳の時、ブレット・カバノー最高裁判事候補(当時17歳)にレイプされそうになったと告発。9月27日に上院公聴会で当時の経緯について質問を受けました。

 公聴会ではフォード教授がレイプされかけた当時の体験を震える声で克明に語り、一方でカバノー氏は怒りと涙で無実を主張するという劇的なものでした。全米の複数のテレビ局で生中継され、平日の昼にもかかわらず合計2000万人が職場や学校で見たと伝えられています。

 その後、FBIが再調査した結果、カバノー氏に非はなかったと判断され、最高裁判事に就任しました。一方で注目されたのは、放送中、レイプや性的虐待被害者らの相談を受け付ける「TheRape,Abuse&IncestNationalNetwork(レイプ・虐待・近親相姦・ナショナルネットワーク)」に普段の2倍もの電話が寄せられたことです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る