セミナーには若者も…避けて通れず「デジタル終活」の要点

公開日: 更新日:

 パソコンやスマホ内のデータといった、「デジタル遺品」にまつわるトラブルが急増している。

 思い出すのは昨年10月に、フリーアナウンサー・阿部哲子さん(40)が全番組を降板した理由だ。阿部がダブル不倫していた既婚男性(昨年5月に死亡)の生前のメールを見つけた妻が、テレビ局に抗議の手紙を送り、番組に出演させないよう要求したことが原因なのだとか。

「亡くなった後にトラブルになるケースは、“禁断のデータ”だけではありません。ネット証券のFX取引が放置された結果、家族が気づいたときには、数万円から100万円前後の追加証拠金が発生した事例を聞いています」と話すのは、日本デジタル終活協会代表理事で、相続問題に詳しい伊勢田篤史弁護士。

「故人がネット通販の定期便を利用していて、亡くなった後に米などが送られてきた」「有料サービスが継続されたままで、使っていないサービスに利用料を払い続けていた」といった、金回りの事例が増えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  11. 10

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

もっと見る