セミナーには若者も…避けて通れず「デジタル終活」の要点

公開日: 更新日:

 パソコンやスマホ内のデータといった、「デジタル遺品」にまつわるトラブルが急増している。

 思い出すのは昨年10月に、フリーアナウンサー・阿部哲子さん(40)が全番組を降板した理由だ。阿部がダブル不倫していた既婚男性(昨年5月に死亡)の生前のメールを見つけた妻が、テレビ局に抗議の手紙を送り、番組に出演させないよう要求したことが原因なのだとか。

「亡くなった後にトラブルになるケースは、“禁断のデータ”だけではありません。ネット証券のFX取引が放置された結果、家族が気づいたときには、数万円から100万円前後の追加証拠金が発生した事例を聞いています」と話すのは、日本デジタル終活協会代表理事で、相続問題に詳しい伊勢田篤史弁護士。

「故人がネット通販の定期便を利用していて、亡くなった後に米などが送られてきた」「有料サービスが継続されたままで、使っていないサービスに利用料を払い続けていた」といった、金回りの事例が増えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る