変わる「自筆証書遺言」 正しい書き方を弁護士アドバイス

公開日: 更新日:

終活」の際に真っ先に取り組まなければならないのが遺言の作成だ。あとに残される家族に、どんな未来を残したいか。その道筋をつけておくことは、先に逝く人の使命だろう。今回の法改正では、ここも大きく変わる。自筆証書遺言の方式が緩和されたのだ。

 一般的に行われている「普通方式遺言」には、遺言者がすべて自分で書いて判を押す「自筆証書遺言」と、公証人が作成し公証役場で保管してもらう「公正証書遺言」、遺言者が手書きで作成し封をした状態で公証役場に持ち込み保管してもらう「秘密証書遺言」の3つがある。

 このうち最もポピュラーなのが公正証書遺言だ。作成件数は昨年1年間で11万191件に上る。一方の自筆証書遺言は、その2割にも満たない。司法統計によると、自筆証書遺言の際に必要になる家庭裁判所での検認件数は1万8914件(2017年)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  9. 9

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る