変わる「自筆証書遺言」 正しい書き方を弁護士アドバイス

公開日: 更新日:

「終活」の際に真っ先に取り組まなければならないのが遺言の作成だ。あとに残される家族に、どんな未来を残したいか。その道筋をつけておくことは、先に逝く人の使命だろう。今回の法改正では、ここも大きく変わる。自筆証書遺言の方式が緩和されたのだ。

 一般的に行われている「普通方式遺言」には、遺言者がすべて自分で書いて判を押す「自筆証書遺言」と、公証人が作成し公証役場で保管してもらう「公正証書遺言」、遺言者が手書きで作成し封をした状態で公証役場に持ち込み保管してもらう「秘密証書遺言」の3つがある。

 このうち最もポピュラーなのが公正証書遺言だ。作成件数は昨年1年間で11万191件に上る。一方の自筆証書遺言は、その2割にも満たない。司法統計によると、自筆証書遺言の際に必要になる家庭裁判所での検認件数は1万8914件(2017年)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る