ベア実施の日本電産に続く? 給与アップ期待高まる「上方修正」企業

公開日: 更新日:

 賃金アップの動きが加速してきた。連合は5年ぶりにベースアップ(ベア)を要求する方針を固め、経営者側も求めに応じる姿勢を打ち出し始めている。アベノミクス“第3の矢”となる成長戦略の可否はともかく、サラリーマンにとって給与増は歓迎すべき流れだ。

 電気・ガス料金から、食料品、日用品などが軒並み値上がりし、サラリーマン生活は苦しさを増している。
 一方、大手企業は円安効果で好業績が続出だ。上方修正に踏み切る会社も相次いでいる。今月22日に14年3月期(通期)の上方修正を発表した日本電産の永守重信社長は、こう言った。

「ベースアップを含めて賃金引き上げを実施する」
 大手企業でベアを明言したのは永守社長が初めてだが、日立製作所の川村隆会長や富士フイルムの古森重隆会長も「ベア検討」をにおわせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る