「グローバル・バブル」が弾けるとき

公開日: 更新日:

 世界全体の株式時価総額が63兆ドル(約6200兆円)を超え、最高値の記録を塗り替えたそうだ。米国やドイツ、イタリア、フランス、豪州、インド、韓国では株価指数が過去最高を更新。日本も、日経平均株価は1989年12月の3万8957円に及ばないが、年初来の騰落率を見ると世界トップの水準らしい。

 もちろん、世界の市場が沸いているのは、企業業績に対する高い評価もあるのだろう。ただ、相場を押し上げているのは、金融緩和でジャブジャブになっているマネーだ。日銀は「異次元」と名付けた“黒田節”を踊っているし、米連邦準備制度理事会(FRB)も米国債などを月額850億ドル購入する緩和政策を継続中だ。通貨供給量は、かつてないレベルに膨らんでいる。これが世界の株式市場に投資され、株価を支えているという構図だ。

 低金利であふれているカネが企業の設備投資に回れば、経済は好転する。だが、日本の大手企業は、資金不足で投資を控えているわけではない。内部留保は過去最高レベルに達している。いくら金利が安くても銀行の融資を受ける必要はないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

  10. 10

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

もっと見る