アベノミクス頓挫で苛立ち 任天堂から始まるハゲタカ猛襲

公開日: 更新日:

 任天堂がハゲタカに狙われている。大株主とされるヘッジファンド「オアシス・マネジメント」(香港)のセス・フィッシャー最高投資責任者が任天堂の岩田聡社長に書簡を送り、スマホなどモバイル向けゲームの開発を迫ったのだ。

 任天堂は3期連続の営業赤字が見込まれ、株価も低迷している。27日は、ハゲタカの要求に投資家が動揺し「売り」が先行、前日比510円安(マイナス3.92%)の1万2490円と急落した。

「株価は3年前の水準に比べほぼ半分です。昨年来高値と比較しても約20%の下落です。岩田社長は今年1月、<スマホにゲームは提供しない>と宣言した。これがハゲタカには気に入らなかったのでしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 昨年、米ヘッジファンドのサード・ポイントがソニーに対し、エンタメ事業の分離上場や、テレビ事業のリストラを迫り、ソニーは要求の一部をのむしかなかった。そして今度は、香港ファンドがほえた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  7. 7

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る