過去最低補償の「1件500円」 大量漏洩ベネッセの“誠意”

公開日: 更新日:

 大量の顧客データが流出したベネッセホールディングスが10日、記者会見を開き、個人情報漏洩に関する対応について発表した。
 原田泳幸社長は不正持ち出しの経緯について、「企業風土の甘さに起因する」と説明。今後、データベースの保守管理の強化や外部監視機関の新設などの対策を行うと発表した。顧客の漏洩件数については2895万件と推計。今年10月末までに500円分の金券(電子マネーまたは図書カード)を用意すると話した。

 原田社長は6月の会見で、「補償をしない」と言っていたが一転、金券による補償にシフトした。金額については「過去の事例を判断して金額を決めた」なんて話しているが、過去の事例で見れば、最低の額なのだ。

 今回と同じ顧客の氏名や住所などが流出した08年の大阪地裁の事案では1人当たり5000円の支払いを認める判決を下している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    「テセウスの船」好調の裏で…上野樹里“主役食い”の懸念

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る