ファミマ半額セールは「本部不正」で争うFC店の反逆だった

公開日: 更新日:

 昨年7月にはファミマ本部は不正の事実を認め、謝罪した。被害店舗には補償し、SVなど関係者を処罰したという。

「でも、本部は事件の詳しい経緯について全国の加盟店に説明していないのです。このままだと、また同じ不正が行われると思い、<きちんとした説明をしなければ窃盗罪で訴える>と本部に話し、対決姿勢を示しました。すると11月、本部は私の承諾もないまま、突如、<契約違反があった>として私の経営する1店舗の契約解除を執行したのです。その上、約3000万円の請求を求める文書まで送ってきた。ここまでやられて黙っているわけにもいきませんでした。そこで、経営権があった3店舗を利用し、奇襲という形で『半額セール』を敢行し、世間の注目を集めようと思い立ちました。今後は、クオカード窃取などで本部を訴える予定です」

 この激白に対するファミマ広報の答えはこうだ。

「クオカードの不正があったのは事実です。契約解除の理由については答えられませんが、弊社の不正問題とは関係はありません。(今後の対応について)現段階ではコメントできません」

 長い戦いになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る