山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

輸出・内需共倒れ 「セントラル警備保障」の特需に懸ける

公開日: 更新日:
JRがお得意さま(C)日刊ゲンダイ

 相場の反発局面では、それまでの下落率の大きい銘柄ほど反発力も大きくなる傾向がある。ただ、今回の急落は大幅な円高を伴っているだけに、トヨタやキヤノンなどの輸出関連株の戻りは総じて鈍い。

 円高で業績不安が高まっていることはもちろん、日本を代表するよう…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  3. 3

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  4. 4

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  5. 5

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  6. 6

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  7. 7

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  8. 8

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  9. 9

    西武選手も合コン…海外日本人選手との“コロナ温度差”は何

  10. 10

    会見でいい加減なことを口走る安倍首相をたしなめないのか

もっと見る