山本伸
著者のコラム一覧
山本伸株式評論家

1962年生まれ。マネーリサーチ代表、経済情報誌「羅針儀」主宰。1985年より株式評論家として、金融情報に関する執筆活動および講演活動など幅広く活躍。アベノミクス相場では推奨銘柄の3倍高を連発させ、マーケットの注目を集めた。講演会は常に満員御礼。ファンの中には、2000万円の資産を15億円にしたツワモノも。「山本伸の騰がる株100銘柄」(宝島社)など著書多数。

相場過熱 ハイパー高利回り「デクセリアルズ」が無難

公開日: 更新日:

 米大統領選後の相場の急上昇は「トランプラリー」とか、「トランプノミクス相場」と呼ばれる。

 4年前にスタートしたアベノミクス相場と共通点があまりに多いため、当欄では2週間前に「初動の段階の今が一番、投資妙味がある」とした上で、日経平均の2倍の値動き…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    前嶋和弘氏 トランプ岩盤支持…差別問題のダメージ少ない

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  9. 8

    なぜ嫌中・嫌韓の人たちは他国を貶めることに注力するのか

  10. 9

    アフターコロナは「年金は今すぐ受け取るべき」が新常識に

  11. 10

    元サッカー日本代表・大野俊三さん 第2の人生は波乱万丈

もっと見る