「上場来高値」更新続出 “2万円相場”の主役26銘柄に乗れ

公開日: 更新日:

 株式市場に異変が起きている。日経平均はゴールデンウイーク明け以降、「2万円固め」の期待が高まりながら、勢いに欠けた。

「個別銘柄に目を向けると、日経平均の動きとは違っています。上場来高値を更新する銘柄が続出しているのです」(証券アナリスト)

 市場関係者がよく口にする「年初来高値」は今年1月以降の高値をさすが、上場来高値というのは、文字通り「上場以降の最高値」だ。理論上は、上場来高値より高い値段で株を買った人はいないはずなので、損をしている人もいない株価となる。

 15、16日と2日続けて、上場来高値を更新した企業は50社を超えた。

「相場が膠着している局面で上場来高値をつける企業は、業績が絶好調で、需給も良好です。本物の強さを持った銘柄群です。ここから先も市場を牽引するでしょう」(経済評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  3. 3

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  4. 4

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  5. 5

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 7

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  9. 8

    テラハ問題で木村花さん母が告発 フジ“ヤラセ教唆”の罪深さ

  10. 9

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  11. 10

    政財界の大物たちが役員を務める「受け入れ団体」の怪しさ

もっと見る