日経平均2万円は通過点 これから稼げる「日銀銘柄」20社

公開日: 更新日:

 株式市場はイケイケムードだ。先週2日(金)、日経平均は1年9カ月ぶりに2万円の大台に乗せた。

「2日は300円以上の値上がりで、相場に勢いがありました。今週は利益確定売りが発生し、一進一退でしょうが、流れは間違いなく株高です。2015年6月高値の2万868円を目指すとみています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 大手証券のリポートも強気だ。野村証券は、15年6月高値(2万868円)を奪回したら、「次の上値メドは1996年6月高値(2万2666円)や、89年高値から2009年安値の下落幅に対する50%戻し(2万2984円)が挙げられる」とした。

 ゴールドマン・サックス証券(GS)は「日銀のETF(上場投資信託)買い入れ」に注目している。日銀はETFを5月末時点で、約13兆9600億円保有。日銀が実質的な大株主という企業は増え続けるばかりで、GSの資料によると、保有比率が10%を超える上場企業は半導体検査装置のアドバンテストや、ユニクロのファーストリテイリング、セラミックコンデンサーの太陽誘電など16社に上った(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る