日経平均2万円は通過点 これから稼げる「日銀銘柄」20社

公開日: 更新日:

 株式市場はイケイケムードだ。先週2日(金)、日経平均は1年9カ月ぶりに2万円の大台に乗せた。

「2日は300円以上の値上がりで、相場に勢いがありました。今週は利益確定売りが発生し、一進一退でしょうが、流れは間違いなく株高です。2015年6月高値の2万868円を目指すとみています」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 大手証券のリポートも強気だ。野村証券は、15年6月高値(2万868円)を奪回したら、「次の上値メドは1996年6月高値(2万2666円)や、89年高値から2009年安値の下落幅に対する50%戻し(2万2984円)が挙げられる」とした。

 ゴールドマン・サックス証券(GS)は「日銀のETF(上場投資信託)買い入れ」に注目している。日銀はETFを5月末時点で、約13兆9600億円保有。日銀が実質的な大株主という企業は増え続けるばかりで、GSの資料によると、保有比率が10%を超える上場企業は半導体検査装置のアドバンテストや、ユニクロのファーストリテイリング、セラミックコンデンサーの太陽誘電など16社に上った(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る