日産は会長職死守も…ルノー完全勝利“新アライアンス”の裏

公開日: 更新日:

 日産自動車のゴーン前会長が逮捕(昨年11月)されて以降、初めて3社のトップがそろって会見を行った。

 12日夕方、日産本社(横浜市)で西川広人社長兼CEO、三菱自動車の益子修会長兼CEO、仏ルノーのスナール会長とボロレCEOの4人が報道陣の前に登場した。最初に口を開いたのはスナール会長だった。

「3社のアライアンス強化がまずやるべきことだ」とし、新しい「アライアンス・ボード」の設立を表明した。メンバーは会見に出席した4人で、議長はルノー会長が務める。

「新アライアンスはルノーから2人、日産1人、三菱1人です。パワーバランスからいえば、ルノーが主導権を握ることになります。しかも、これまでは3社連合とはいえ、三菱に関しては実質的に日産が支配し、ルノーはカヤの外でした。ところが新アライアンスの誕生で、三菱はルノーの指揮下に置かれる格好となりました。3社連合のリーダーはルノーだと宣言したのと同じです」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る