藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

5G&IoT関連で稼ぐ「アドソル日進」はストップ高の可能性

公開日: 更新日:

 先週の東京株式市場は、日経平均株価が2万1000円を超えるなど堅調でした。米中貿易摩擦とアメリカ政府の閉鎖という2つの問題が相場の重しとなっていましたが、どちらも進展しそうになったことが要因です。

 ドル円相場も111円台の円安・ドル高傾向となり、いままで売られてきた成長株(グロース株)の逆襲相場が始まりました。

 今回は、電力・ガス・交通運輸・通信など大規模システムの開発に強みを持つ「アドソル日進」(3837、東証1部=投資金額約16万円)を注目の成長株として紹介いたしましょう。

「アドソル日進」は、電力・制御に強いICT企業として40年に及ぶ実績と経験があります。デバイスから広域ネットワーク、大規模基幹システム、クラウド、IoTシステムの全域にセキュリティーを加えたワンストップソリューションを提供できる企業です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る