藤本誠之
著者のコラム一覧
藤本誠之

「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!株価予想2012年勝率1位、39連勝の記録を持つ。 関西大学工学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)、日興ビーンズ証券、カブドットコム証券などを経て現職。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド。ラジオNIKKEI「この企業に注目、相場の福の神」レギュラー出演。著書に「朝13分で、毎日1万円儲ける株」(明日香出版社)など。

今後30年高成長が約束されているリサイクルの「イボキン」

公開日: 更新日:

 先週の東京株式市場も好調が続きました。米中貿易摩擦への懸念が薄れ、ナスダック指数が連騰、ドル円相場も110円台が定着するなど、外部環境が好転したのが要因です。今週も大きな下落がなければ、3月初旬には、ファンドのリバランス買いが期待できるため、さらに堅調相場が続きそうです。

 先週、紹介した「アドソル日進」(3837)が急騰しました。今年に入って、このコラムで紹介している銘柄が軒並み急騰しています。今回も、ガツンと株価上昇を期待できる銘柄を紹介しましょう。

 取り上げるのは、解体から最終処分まで、自社で完結できるリサイクルのワンストップサービスを展開している「イボキン」(5699、東証ジャスダック=投資金額約20万円)です。ビルなどの建造物や、工場プラントなどを安全第一で解体し、その廃棄物を徹底的に選別して、プラスチック・金属・木くずなどはリサイクルし、どうしても残ったものは、自社の最終処分場で埋め立て処分しています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  10. 10

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る