店舗数日本一 1900円の宅配とんかつ弁当がバカ売れのワケ

公開日: 更新日:

 相変わらず消費は伸び悩んでいるが、共働き家庭が増えていることもあり、「中食市場」が成長している。そんななか、躍進しているのがフードデリバリー(宅配)。宅配とんかつの「かさねや」は、東京、大阪、名古屋を中心に全国で100店ほどを展開し、宅配とんかつで日本一の店舗数を誇るようになった。

 こだわりの熟成三元豚を薄切りにし重ねて揚げたとんかつや、厚切りでジューシーなとんかつをメインに提供している。客単価1200~1900円と弁当にしては高めだが、売り上げは毎年右肩上がりだという。運営元の株式会社SBICの鬼頭宏昌社長(44)にデリバリービジネスを始めたきっかけを聞いた。

「経営していた居酒屋チェーンを売却し、次に何をやろうか考えていたときにリーマン・ショックが起こりました。そんな状況でリスクを抑えつつやれることはないかと行き着いたのが、デリバリービジネスです。料理を作って宅配するだけなので、少額投資で済みます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る