葬祭費に未支給年金…もらえるお金の申請方法を知っておく

公開日: 更新日:

 慌ただしく親の葬儀を終えても、ホッとするのはまだ早い。年金や健康保険証の返還・喪失届などの事務手続きが残っている。怠ると、後日また足を運ぶハメになる。

  ◇  ◇  ◇

 前回は死亡届や火葬許可申請書の取得方法などをお伝えした。

 葬儀を無事に終え、親類縁者もそれぞれの自宅へと戻っていく。ただし、喪主としての本当の仕事はこれからだ。とはいえ、故人の健康保険証返還や厚生(国民)年金の支給停止などの手続きは、さほど難しいものではない。役所へ行くと、「ご遺族の方へ」といった申請すべき項目が書かれた紙を手渡される。

 そこには「印鑑登録カードの返還」といった必要事項が並んでいて、横には「必要書類等(持っていくもの)」が事細かに書かれている。それらを準備して役所を訪れたら、あとは職員の「ここにハンコを」「ここに名前を」という指示に従いながら、ひとつひとつ空欄を埋めていけばいい。「後期高齢者医療資格喪失届」や「高額医療費の請求」なども含め、全部で1~2時間もかからないだろう。ちなみに、故人の印鑑登録カードや身体障害者手帳が見当たらなくても、「すみません、家中を捜したのですが……」と言えば、「いいですよ」と意外とあっさり許してくれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る