「自宅に連れて帰れない!」遺体ホテルに利用者が殺到

公開日: 更新日:

 高齢化に伴い、日本では年間の死者数が増加傾向にある。厚労省の人口動態調査によると、年間死者数は2000年に約96万人だったが、03年に100万人を突破。17年は約134万人となり、40年には約167万人に上るとみられている。「多死社会」が現実味を帯びる中、いざという時に迷わない「正しい最期の迎え方」を探る。

 JR横浜線の新横浜駅から徒歩5分ほどの繁華街に、地上9階建ての真っ白なビルが立つ。葬儀や墓石販売の大手「ニチリョク」(東京・杉並区)が運営する遺体安置施設「ラステル新横浜」だ。

 遺体安置施設とは、文字通り、すぐに火葬できない遺体を一時的に預かる施設のことだ。「遺体ホテル」とも呼ばれ、今や都市部を中心に増加傾向にあるという。死者の数が増え続けていることに加え、高層マンションなどではエレベーターで遺体を運ぶことができないため、かつてのような自宅安置が困難になってきているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る