死亡から葬儀まで 訃報の通知相手は故人の年賀状が決め手

公開日: 更新日:

 日本人が60歳までに死亡する確率は10%に満たない。それは70歳を越えたあたりから急上昇する。一方、今年、約800万人もいる団塊世代が全員70歳を越える。となると、80代以上の老親を抱える50~60代サラリーマンだけでなく、団塊ジュニアも“親の死”は他人事ではいられなくなる。イザという時、必要なのは――。

 田舎の病院で闘病中の母親が亡くなった。慌てて新幹線に飛び乗ったものの、気が動転して何から手を付けていいのか考えがまとまらない。葬儀社はどこ? 火葬場は空いているのか? いや、まずは親戚へ電話か――。

 日本初の葬儀相談員として知られる市川愛氏がこうアドバイスする。

「病院から親が危篤の知らせが来て家族が呼ばれたが、亡くなった。遺族が真っ先に決めなければいけないことは、“遺体をどこに安置するか”です。自宅に安置できればスムーズですが、そうでない場合は葬儀会社の施設や火葬場の安置施設を借りなければなりません。場合によっては、火葬まで数日かかることもあり、ほとんどの火葬場が冷蔵施設を併設しています。遺体安置には、料金がかかり、公営火葬場で1泊3000円前後、民間の葬儀会社では同1万円前後でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

    阿武町誤送金の7割「3500万円返還」で浮上した新たな謎…決済代行業者にも疑惑の目が

  2. 2
    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

    重病説のプーチン大統領が6.12「ロシアの日」に作戦終了か…後継候補に36歳の“危険な男”

  3. 3
    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

    投手大谷が「1イニング4奪三振」を記録する日…エンゼルス捕手の拙守は改善されず

  4. 4
    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

    日テレ「スッキリ」加藤浩次の後任にヒロミ説…“チグハグな火曜日”のやり取りは見もの

  5. 5
    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

    ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深

もっと見る

  1. 6
    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

    プーチン大統領「老兵&障害者」まで戦場投入の非情…ロシアの兵士不足が深刻に

  2. 7
    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

    大谷翔平は本塁打王争いに出遅れも…同僚の打撃タイトル争いで“漁夫の利”期待

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

    「誤送金問題」決済代行業者が異例の早さで返還したワケと気になる田口容疑者の今後

  5. 10
    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?

    4000機が眠る「飛行機の墓場」…米アリゾナ州の砂漠に設置、このあとの運命は?