死亡から葬儀まで 訃報の通知相手は故人の年賀状が決め手

公開日: 更新日:

 日本人が60歳までに死亡する確率は10%に満たない。それは70歳を越えたあたりから急上昇する。一方、今年、約800万人もいる団塊世代が全員70歳を越える。となると、80代以上の老親を抱える50~60代サラリーマンだけでなく、団塊ジュニアも“親の死”は他人事ではいられなくなる。イザという時、必要なのは――。

 田舎の病院で闘病中の母親が亡くなった。慌てて新幹線に飛び乗ったものの、気が動転して何から手を付けていいのか考えがまとまらない。葬儀社はどこ? 火葬場は空いているのか? いや、まずは親戚へ電話か――。

 日本初の葬儀相談員として知られる市川愛氏がこうアドバイスする。

「病院から親が危篤の知らせが来て家族が呼ばれたが、亡くなった。遺族が真っ先に決めなければいけないことは、“遺体をどこに安置するか”です。自宅に安置できればスムーズですが、そうでない場合は葬儀会社の施設や火葬場の安置施設を借りなければなりません。場合によっては、火葬まで数日かかることもあり、ほとんどの火葬場が冷蔵施設を併設しています。遺体安置には、料金がかかり、公営火葬場で1泊3000円前後、民間の葬儀会社では同1万円前後でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  2. 2

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  9. 9

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  10. 10

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

もっと見る