西荻窪「それいゆ」20人の従業員が“お姉さん”を支える

公開日: 更新日:

1日200人の人気店

 西荻窪界隈を生活圏とする人に「喫茶店といえば?」と尋ねると、多くが「それいゆ」と答えるという。そんな話を聞いて、どんな店なのか大いに興味が湧いた。

 創業は昭和30年代。

「主人がトロンボーン奏者でね。家にたくさんのレコードがあったの。それで妹とジャズが流れる喫茶店を開こうと。まだ20代。今は、こんなおばあちゃんになっちゃったけれど」

 オーナーの青木郁子さんはそう語った。

 創業当時、世は喫茶店ブーム。周囲に林立した喫茶店の中で、「それいゆ」が今も1日平均200人の客を呼び込む人気店であり続けるのはなぜか。

 専用のコーヒー豆を使い、12時間かけて水出しするコーヒーを用意している。「どのように調理してもおいしい」かぼちゃを使ったケーキを今どき250円で提供する……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

もっと見る