大手3大キャリアの半額以下!格安スマホ「用途別」選び方

公開日: 更新日:

 2019年3月の格安スマホのシェアは12.3%(MMD研究所)と、乗り換える人が日々増加している。

 ドコモ、au、ソフトバンクの半額以下の料金が魅力だ。使用中のスマホに格安SIMを挿入すれば、端末代もかからない。ただし、ほとんどの端末は、特定の携帯電話会社のSIMしか使用できないよう「SIMロック」がかけられており、これを解除する必要がある。解除はオンラインで無料で申し込むことができる。

 SIMロック解除可能な機種は、原則15年4月23日以降に発売のもの。iPhoneでは6s以降が対象。また、契約直後は解除対象外になることがある。SIMロック解除をしたら、格安SIMを提供する通信キャリアーを選択する。通信速度を優先したい人はワイモバイルかUQモバイルの2択だ。両社とも月額2980円~。さらに約1年、月額料金が1000円程度安くなる割引もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  3. 3

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  7. 7

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  8. 8

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  9. 9

    立川談志は「講談の時代がくる」と予言した

  10. 10

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

もっと見る