市場規模は膨らんだのに…葬儀の平均単価が縮小した理由

公開日:

 2017年の死亡者数は134万人。出生数は94万人なので、人口の自然減は約40万人です。

 死亡者数は今後、年々増え続け、人口減に拍車がかかります。当然ですが、死亡者数の増加に伴い、葬儀の件数も伸び、葬祭業者もウハウハ儲かるはずでした。

 ところが、デフレ進化の影響で売上高は伸びても、単価が縮小する事態に遭遇したのがこの業界です。

 市場規模は年々伸びて、昨年は約2兆円に達したと推計されています。ですが、葬儀の平均単価は2006年ごろには200万円を超えていたものの、現在は130万円程度まで縮小しました。

 それは、死亡者の高齢化で参列者が少なくなり、実質20万円前後で、僧侶の読経込みの格安「家族葬」を取り扱う業者が増え、競争が激化したためです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る