「定年延長で厚生年金を継続しつつ働くのがベター」のウソ

公開日: 更新日:

 定年後も厚生年金に加入しながら働き、保険料を長く払えば将来の年金は得になる。そう思い込んでいる人は多いが、ケースによっては受け取る年金額より支払う保険料の方が勝る逆ザヤが生じてくる。くしくも、国は75歳までの年金加入の検討に入った。

  ◇  ◇  ◇

《厚生年金の加入期間を75歳まで延長》

 国は、現行70歳未満の厚生年金の加入期間を75歳まで延長することを考えている。同時に「在職老齢年金」の廃止・縮小も検討中。誤解を招きやすいネーミングだが、要は65歳未満なら年金と給与の合計が28万円以上だと年金が減額され、65歳以上は47万円以上(今年4月~)で減額される仕組みのことだ。

 その在職老齢年金がなくなれば、減額もなくなるので一見良さそうにも思えるが、国としては国民を長く働かせ、保険料をより一層払わせたい思惑がある。その先にあるのは、多くの人が予想している通り、年金の「70歳支給開始」だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  2. 2

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  3. 3

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  4. 4

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  5. 5

    公明党の「小池離れ」と「自民優先」で都政は立ち往生必至

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    東京女子医大看護師 感染リスク覚悟で対応もボーナスゼロ

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    <1>戦略家の大統領補佐官が「暴露本」を書いた重大な意味

  10. 9

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  11. 10

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

もっと見る