山崎50年は3250万円 国産ウイスキーが高価売買される理由

公開日: 更新日:

 リユース(2次流通)市場が活況を呈している。ブランドバッグや衣類、時計など、さまざまなものが売買され、生前整理、遺品整理などの強い需要もあり、取扱高は年々増えている。中でも、国産ウイスキーの売買が活発だという。お酒の買い取りを行っているバイセルテクノロジーズマーケティング戦略本部の吉本慎之介さんに話を聞いた。

「弊社は着物や切手を中心に取り扱っていますが、ウイスキー、ブランデーといったお酒の取り扱いもあります。中でも圧倒的に国産ウイスキーが増えていて、今年はお酒全体で月平均700本ほど買い取りさせていただいております」

 買い取り価格高騰の理由は、国産ウイスキーの国際的な評価の高まりやハイボールブーム、2014年放送のNHK朝の連続テレビ小説「マッサン」の影響が大きい。それ以前はウイスキー消費自体は減少傾向で、生産は抑制されていた。長期熟成物は、たるに原酒を詰めて一定期間寝かせる必要があるため、突然の需要に供給が追いつかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る