昨年7月以来の高値圏 仮想通貨「ビットコイン」急騰の背景

公開日: 更新日:

 仮想通貨「ビットコイン」が急騰している。先月末は1ビットコイン=57万円台だったのが、14日夕方には90万円に迫る勢い。たった2週間で1.5倍にはね上がり、昨年7月以来の高値圏となった。不気味な急騰劇だ。

 ビットコインは5月に入ってから徐々に上昇。10~11日にかけて約10万円高騰したのをきっかけに、“上昇気流”に乗った。そもそも昨年末、ビットコインは70万円台から30万円台にまで大暴落。「もうビットコインはダメか……」との声が広がっていた。一体何が原因で急騰しているのか。マネー評論家の新田ヒカル氏はこう言う。

「米中貿易摩擦などが原因で、株式市場は非常に不安定な状況です。リスクを嫌った投資家の資金が仮想通貨に流れていると考えられます。かつては株式が不安定な時は新興市場などに資金が流れていました。現在は仮想通貨が資金の投入先として、投資家にある程度認められたとみられます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか