佐川洋一
著者のコラム一覧
佐川洋一税理士・元国税調査官

税理士(元国税調査官)。財務省主税局及び国税庁勤務のほか、税務署調査筆頭部門統括国税調査官を歴任。二十数年在勤した後に退官し、現在は東京や関東圏の法人経営者や個人事業主向けに税務調査の立ち会い・相談に特化した税理士事務所(東京・渋谷区)を運営。(https://www.zeimutyousa.jp/)

税務署は仮想通貨「億り人」の取引履歴を把握している

公開日: 更新日:

 確定申告の際、所得税などの規定によって税務署に提出が義務づけられているのが「法定資料」です。サラリーマンにとって最も身近な「法定資料」といえば「給与所得の源泉徴収票」でしょう。給与の支払者である会社は、従業員本人に対して交付すると同時に、税務署や地方自治体に対しても提出することになっています。

 この「法定資料」ですが、「給与所得の源泉徴収票」以外にも数多くあり、2018年4月1日時点で、その数、なんと60種類もあります。いくつか例を挙げると、「不動産の譲受け」「株式等の譲渡」「先物取引」などは代表的なものといえるでしょう。つまり、他の会社での副業はもちろん、投資用不動産や株式の売却益、FX(外国為替証拠金取引)といった先物取引に関わる利益などは全て「法定資料」として税務署に提出されているのです。そして、仮にこれらの所得について申告しなかった場合、税務署から間違いなく、お尋ね文書や税務調査の連絡が来ることになります。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る