夕食会に参加 トランプと“親密な日本企業”の市場評価は

公開日: 更新日:

 令和初の国賓として訪日したトランプ米大統領は28日、日米関係に関し「親密な関係を継続する」という言葉を残して帰国した。

 日本の経済界とも“親密な関係”を築くため、25日に都内の駐日米大使公邸で日本の企業経営者と夕食会を開いている。この会合でトランプ大統領は、「日本の対米投資が100万人の雇用を支えている」と話し、夕食会に出席していたトヨタ自動車の豊田章男社長らに向け感謝の言葉を口にした。さらに、「令和時代の日米の経済関係がより深く、強くなることを願う」とも語っている。

■トヨタ豊田社長やソフトバンク孫社長らが出席

 会合には豊田社長を始め、ソフトバンクグループの孫正義社長、楽天の三木谷浩史社長、サントリーホールディングスの新浪剛史社長、日本電産の永守重信会長、日立製作所の東原敏昭社長、日産自動車の西川広人社長らが出席した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  5. 5

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  6. 6

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

もっと見る