市場も警戒…“ファーウェイ排除”のトバッチリ食う日本企業

公開日: 更新日:

 中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)離れが急速に進んでいる。

 米トランプ政権によるファーウェイとの事実上の取引禁止規制が世界中に広がっている格好だ。

 日本では通信大手のNTTドコモやKDDI(au)、ソフトバンク(ワイモバイル)がファーウェイ製スマートフォンの最新機種の発売延期を決めたのに続き、23日には関西電力の子会社「オプテ―ジ」(格安スマホサービスのマイネオを展開)や、ソフトバンク傘下のラインモバイルなども新機種の発売延期を発表した。

 部品関連でも取り引き停止が拡大中だ。パナソニックは、「当社は米国の輸出管理法令の順守を方針の1つにしており、禁止されている取り引きを中止するよう徹底している」とし、一部製品での取引中止を明らかにした。東芝も23日に、ファーウェイ向け部品の出荷を一時停止したことを公表している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る