上場企業平均年収600万円突破 中小企業の“窮状”浮き彫りに

公開日: 更新日:

 2018年決算の上場企業2591社の平均年間給与が606万2000円となり、前年比1.1%増加した。調査をまとめた東京商工リサーチによれば、平均年収は7年連続の上昇で、調査を開始した11年以降で最高額。600万円台に乗せたのも、初めてのことだという。

 随分と景気のいい話だが、これは「給料が上がった」と手放しで喜べるものではない。大企業はともかく、中小企業は仕方なく給与を上げざるを得ない状況で、むしろ会社は青息吐息なのだ。

 東京商工リサーチは、〈上場企業の平均年間給与は上昇をたどっているが、中小企業は人材確保による人件費アップを避けられず、規模による収益格差は広がっている〉としている。つまり、中小は人材不足で、給与を増やさなければ人が集まらないということ。

 リクルートワークス研究所の調査によると、20年3月卒業予定の大卒者の有効求人倍率は、従業員5000人以上の大企業については0.42倍と“狭き門”だが、同300人未満の中小企業だと8.62倍と、人手不足状態だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  4. 4

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

もっと見る